症状別で改善をする薬の特徴や現状などについて

感染症の1つ

重篤なケースは手術も

症状がほとんどないということで発見が遅れるクラミジア感染症ですが、放っておくと重篤なケースになることもあります。感染が全身に広がるとお腹の急な激痛や高熱、意識障害が出現するのです。女性の場合は卵管癒着を引き起こし最悪の場合手術で摘出となることもあります。放っておくと怖いクラミジア感染症ですが、実は内服だけで治療が可能なのです。 クラミジアは正式名称はクラミジアトラコマチスといい、真菌にあたります。これらの真菌類は抗生剤で除去が可能です。そのため病院からでる抗生剤を内服していれば治療が可能です。 もしも病院にかかることが困難である場合は通販でも抗生剤の購入はできますが、その場合は治癒したかの目安や薬の副作用は自己責任になってしまうため、あまりお勧めできません。さらに、なかには薬を飲まなくても、清潔と日常生活を規則正しく送っていただけで治癒できたという人もいます。こういうケースは菌量が少なかったりと特殊なケースもありますので、まずは受診することをおすすめします。

クラミジア対策はクラビット内服薬

内服で治療が可能なクラミジアですが、その内服はどこで手に入るのでしょうか。クラミジアトラコモチスに効果のある薬として、まずあがるのがクラビット内服薬です。病院で処方を受ければ1錠120円程で購入できます。これを1週間ほど飲むことで治療が可能ですが、場合によっては菌がまだ残ることもあるため、そのときは追加で処方が出されることもあります。 また、このクラビット内服薬は通販でも購入可能です。クラビット内服薬は別名レボクイン内服薬として販売されています。通販での購入は保険適応なしでの購入になるため、1錠300円程度となります。もし副作用や思わぬアレルギーなどが出たときはすぐに内服をやめ近医を受診しましょう。